型BOM System

katabom

3次元部品表自動作成ツール

型BOM system

3次元CADデータからの自動作成を実現

3次元情報の転記ミス、情報伝達ミスによる不具合をゼロにします

ソフト概要

katabom_outline

3次元CADシステムにて作成された3次元CADデータより、部品表を自動作成するソフトウェアです。

従来、CADデータを作成後に改めてEXCELなどのツールにより、CADデータで作成した部品名や個数などの
情報を再度、EXCEL等のツールを使って部品表を作成しています。このソフトウェアを使用すると、
CADデータを指定するだけで、自動で設定されたフォーマットの部品表を作成する事が出来ます。

このソフトウェアを使用する事により、設計者の付帯作業である帳票作成工数の大幅削減を実現するとともに
誤記などの人的ミスも防止します。
XVLデータを使用する事で、3次元帳票として使用することも可能です。(※)

※ XVLデータとは、ラティス・テクロノジー株式会社の製品です。

期待効果

  • ・帳票作成工数の大幅削減

  • ・作成における人的ミスを防止

機能概要


※動画は、XVLパッケージのKATABOMです。 

 

 

部品表自動作成

katabom_partlist

指定された3次元CADデータから、以下の情報を自動的に読み取り、部品表に転記します。

  • ・部品名
  • ・個数
  • ・部品サイズ(X、Y、Z)
  • ・部品画像

部品表フォーマット形式については、お客様が現在ご使用しているフォーマットを適用する事が可能です。

標準部品情報付加

型BOM Systemデータベースに予め、標準部品情報を登録しておくことにより、標準部品の付帯情報を自動で記入する機能です。(※)例:材質、加工方法、購入先、等※ 付帯情報は、カスタマイズが可能です。

個別帳票作成

katabom_document

型BOM Systemにて作成された部品表より選択した部品を、予め登録された帳票フォーマットに、情報を展開し、帳票を自動で作成します。例)単品図、材料手配書、加工指示書、測定指示書、磨き指示書など

3次元PDF出力機能(※)

3dpdf

3D情報付きの帳票(部品表や見積書など)を手軽にPDF形式で配布閲覧することができます。(3次元PDF出力機能を利用するためには、Adobe Acrobat XI Standard または Adobe Acrobat XI Pro が必要となります。)

Viewer表示(※)

3次元形状Viewerで後工程への形状情報を正確に伝達することができます。読み込む3次元データがXVLデータの場合、3DViwer形式でモデルを挿入することが可能です。Viewerがインストールされていないパソコン端末においても、3次元Viewer形式で部品の形状を確認する事が可能です。

属性表示機能(※)

XVLデータの属性情報を帳票に転記する機能です。
※ オプション機能(XVLパッケージ)を適用している場合に限ります。

動作環境

CPU インテル(R)Pentium4(R)1.6GHz相当以上(Core2Duo以上推奨)
メモリ 2GB以上(4GB以上を推奨)
ディスク容量 10MB以上の空き容量を推奨
動作に必要なソフトウェア Microsoft(R) Excel(R) 2007、2012
OS Windows XP(R)、Windows7(R)

販売価格

下記お問い合わせフォーム、またはメール、電話にてお気軽にお問い合わせ下さい。

カスタマイズに関して

型部品表制作としてのツールではなく、他の帳票表制作に適用したい場合のカスタマイズも承ります。お気軽にお問い合わせください。また、弊社はラティス・テクノロジー社認定のXVLシステムカスタマーとして、ラティス・テクロノジー社のLattiice3D Reporterをカスタマイズする事ができます。
Lattice3D Reporterをお使いのお客様で、 より効率良く、使い勝手の良いツールにしたい等のご要望がありましたら、お気軽にお問い合わせください。
PAGETOP
Copyright © Stone Soup Inc. All Rights Reserved.